ボードワークス×そらみる宮島サップツアー


待ちに待った広島ボードワークスさんとそらみるコラボレーション!
宮島サップツアーがやってきました。
前日に広島に入り、たまたま広島に帰省されていた「横浜SUP倶楽部」の聖子さんに
広島市内、瀬戸内海が見渡せる比治山に連れて行っていただきました。
瀬戸内海の島が沢山見えてきれいです。

夕方にはボードワークス牛尾さんにご挨拶。
そして夕食。広島に来て食べずに帰るわけにはいかないのが
広島焼き。
連れて行っていただきました。お好み焼き「Q」
アツアツの鉄板に乗って運ばれて来ます。
めちゃくちゃおいしい!
中には駄菓子や酒肴でよく見るイカフライが入っていてそれがいい味を出してます。

腹ごしらえを済ませたら お酒、おつまみを買い込んで
本日の宿「88ハウス広島」さんに。
広島駅から車で約15分ほどとアクセスが良いゲストハウスです。

お部屋には一人一人にちゃんちゃんこが用意されていて
88ハウスさんの昭和建築平屋建ての雰囲気にぴったりです。
早速羽織ってスルメをいただいてみます。
思った通りしっくりハマりました。

夜が明けて 宮島ツアー当日。
快晴。
チームボードワークスの方たちも一緒に漕いでくださいます!
みんなで準備を。

準備が整ったところで
牛尾さんによる朝の朝礼です。
そらみるノムさんも紹介を受け
では、いよいよ出発です。
宮島ツアーはガイドの牛尾さんが、潮の加減や風を吟味して
開催の有無や時間を決めてくれています。

海には牡蠣の筏があったり船やフェリーが行き来していて、たまに船の波が
ボヨンボヨンと通過して楽しいです。
そんな風に楽しく漕いでいると 海に朱い点が見えてきました。
言わずともわかるその正体は
厳島神社の大鳥居。
もうその大きさに口があんぐり。
見慣れた鳥居さんとちょっと違いました。

下の写真から判るように
鳥居さんの柱が木そのもの。です。
柱には腐りにくく虫に強いクスの自然木。
そして大きいので余計にそう思うのかもしれませんが
木のごつごつした感じが見て取れます。
海の中に立っていますが、地中に埋められているのではなく
土台の上にドンと建っているだけなのだそう。
大きな柱と、片側3本づつの計6本と安定したつくり
そして鳥居さんの上部になんと7トンものこぶしくらいの大きさの石が詰まっているそうです。
いやー先人の知恵にびっくりです。

鳥居さんを1周したら宮島に上陸。
牛尾さんおすすめの甘酒を。
あったかい甘酒で一気にリラックスムードに。

島内をぐるっとまわって 出来立てのもみじまんじゅうを食します。

出来立てのもみじまんじゅうを初めて食べました。
すーーーーーっごいおいしいです。
においが、あんこが、やわらかさが、絶妙。
もう1個食べればよかった...

では帰路に着きます。
帰りは風が吹いていますので 潮と風を出来るだけ避けるように島沿いを漕いで行きます。
チームボードワークスの方々は時折ボーっと吹く強い風も諸共せずグングンと漕いで行きます。
そらみるの風対策といえばサップトレイン。
特別に出しましょう。

スタート地点に到着!いい顔です。

漕いで終わるとお腹が減ります。
お腹へったーと考えていると
チームボードワークスの小原(コバラ)さんによる
コバラキッチンがスタート。
シェフコバラ率いるチームボードワークスの面々がそれぞれの役割を
こなし 次から次へとおいしい食事が出来上がってきました。

シェフ自らパエリアの仕上げを。

牡蠣焼き牛尾さん。

温かおでんに群がるチームそらみる。

アクアパッツァに

お鍋。

締めのラーメン。

デザートも。

温かいオイシイ食事ご馳走様でした!
宮島サップツアー最高に楽しいツアーを
牛尾さん、チームボードワークスのみなさんありがとうございました!
リピート間違いなしのツアーです!