旅の締めくくり!四万十川リバーサップ!


本日の四万十川リバーサップツアーは、お父さんの実家のある土佐清水に帰省中のご家族。
旅の締めくくりにと飛び入りでそらみるのリバーサップツアーに参加してくれました!!

まずはみんなで手分けしてボードを運びます。が、1つのボードを2人で運んでいた姉妹チーム「もー。」「(歩くのが)早いー。」などなど、私から見るとなんとも懐かしいやり取りが繰り広げられ、優しいお父さんが代わってくれます。
このなんでもない出来事が いい光景です。

この日は追い風。絶好のリバーサップ日和です。
ウエアは、飛び入りと言うこともありレギンスにショートパンツ、スニーカー、トップには暖かい上着ですが、もちろん濡れた際の着替えをお持ちであり、並走の車が走っていますからもし全身ずぶ濡れになった際でもすぐに回送できる体制でのクルージングです。

ではレッツゴーです。
小学生の妹さんはガイドと一緒にタンデム。

すいすい進む父母。
おねーちゃんはすこーしだけ恐る恐る漕ぎ出しましたが
なんとか合流でき みんなで下ります。

始まったばかりの四万十川の旅ですが おねーちゃんと妹さん交代です。妹さんが一人でボードを漕ぎ、おねーちゃんは母のボードへ。
そういえばスタート前にお母さんが「こうゆうことはおねーちゃんより妹が向いている。」と予言していました。
予言的中。

母のボードに乗り快適そうなおねーちゃん。

終始追い風!と言うほど甘くなく、くねくねと曲がっている本日のコースゆえ たまーにやってくる向かい風もあり。なんと言ってもみーんな普段着のまま!と言うこともあり、風にバランスを崩されドボーーン!が一番怖かったのですが、この時点まで問題なく漕ぎ下って来れました!しかし最後まで油断は禁物!!

最後のカーブを曲がると広い川幅いっぱいに渡された佐田の沈下橋が目の前に現れます。キラキラ輝く川面とか、静かにたたずむ沈下橋に見とれてドボーーン!することなくみーんな無事にゴーール!ガイドもホッとした瞬間でした。

天真爛漫のお母さんに彩られた明るく楽しい家族の笑顔に癒された瞬間のショット。この仕事をやっててよかったなと思える瞬間でもあります。またこの場所でお会いできることを切に願って!!