高知のやる気女子!リバーサップ体験記


やっと、やっと、ホント~にやっと晴れました!
8月1日から続いた長雨でしたがホンマひっさしぶりに晴れました!
本日のゲスト、高知市内からお越しのIMちゃん、以前に申し込みを頂いていたのですが
増水増水また増水で延び延びになっていましたがようやく本格リバーサップの体験です!
まずはいくつかの候補となるボードを見ながらそれぞれの長所短所を確認しつつ好みの1枚を選びます。

天気上々、目の前には滔々と流れる吉野川(水量かなり多め)を竹林から眺めてご満悦の図。

どこまでも透き通った水。美しすぎる水。しかしIMちゃん、さすが危機管理能力が高い、
直感的に危険を察知したのかまずは軽く足で水温チェック

おぉうぅ!的な反応

でもすぐに馴染んだみたい。  ほっ

で、ここでも危機管理能力の高さを発揮。
後で突然落ちると心臓麻痺を起すといかんから!と言いつつ事前の自主的行水。

さあ、準備も整いここから本番。
まずは川の水の動きになれるとこからスタート
いきなり立てらず膝つきでパドリングをします。

通常サーフィンなどではリーシューコードは足に装着しますが
リバーサップではウエストに装着します。
またその際に使用するウエストベルトはクイックリリースバックル付きで
あることが重要なポイントです。

IMちゃん、呑み込みが早く、水と向き合う姿勢が良かったです。

水量多く、流れもパワフル

水を怖がらないIMちゃんだったので、まずは川の動きに慣れてもらおうと
膝つきで何度も何度も流れを横切る練習をしました。

そしてそして、ここでもまた危機管理能力の高さを発揮!
ボードから落水した際のリカバリーを繰り返し繰り返し練習するの図

昨日まで出来なかったことが出来るようになる時に大切なもの
それは好奇心ではないかと思いますが、その好奇心だけでは
自然の中で遊ぶスポーツは怪我を招くことがあります。
それを未然に教えてくれるのが恐怖心、IMちゃんはその好奇心と恐怖心の
バランスがスンバらしいナイスパドラーでした!
こういう方がうまくなっていくんですよね~何事も。

いい顔してます。

キープパドリング!やで~IMちゃん!